FC2ブログ

第 61話 北海道

JR函館本線 
2019-11-13 JR函館本線・「小樽駅」➡「南小樽駅」。
    
函館本線(1) (写真をクリックすると拡大されます)
JR「小樽駅」です。流石にこの季節、寒いです。函館本線沿線を本日はひと駅、歩きます。

函館本線(2) (写真をクリックすると拡大されます)
以前、駅前からまっすぐ北へ、小樽運河に歩きましたが、本日は国道5号線を東の方へ南小樽駅に向かいます。およそ
30分の所要かな。

函館本線(3) (写真をクリックすると拡大されます)
沿線歩きは以外に難しく、左折する場所を線路の先にするか思案します。結局は紅葉に惹かれて線路手前で左折しま
す。

函館本線(4) (写真をクリックすると拡大されます)
見えてきた交差点。左手はサンモール一番街アーケード、右折して花園銀座商店街を歩くことにします。

函館本線(5) (写真をクリックすると拡大されます)
商店街が切れたところで左折。花園橋の下は函館本線。東の方に、近いと思った駅は見えませんね。

函館本線(6) (写真をクリックすると拡大されます)
北の方に水天宮を見ながら右折、緩やかに下る街並みを進みます。並行する線路は右側に。この交差点は迷わず直進
です。

函館本線(7) (写真をクリックすると拡大されます)
緩やかな坂道を上っていくと右手先にコンビニ、セブンイレブンが見えました。休憩しようと建物の角を曲がると、
驚いたことに駅舎に入りそうになりました。「南小樽駅」に着いた瞬間です。滞在時間およそ30時間の小樽の街
でした。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

第 60話 長崎県

JR長崎本線 
2019-11-11 JR長崎本線・「浦上駅」➡「長崎駅」。
    
JR長崎本線(1) (写真をクリックすると拡大されます)
JR長崎本線は、長崎市の中心部を南北に縦断しており、延長2480メートルに及ぶ連続立体交差事業(浦上駅~長崎
駅間)が進んでいます。浦上駅の北側、高架橋本体の約9割が完成しています。

JR長崎本線(2) (写真をクリックすると拡大されます)
東側から見た浦上駅です。駅舎は西側へ移動するため、駅前広場はこれまでよりも広くなります。

JR長崎本線(3) (写真をクリックすると拡大されます)
幸町付近です。西側で延びる高架橋そして軌道工事も着々と進んでいるようです。

JR長崎本線(4) (写真をクリックすると拡大されます)
長崎駅の西側に新幹線駅舎が、さらにその西側に新駅舎が、少しずつ姿を現しています。連続立体交差事業は、あと2
年程度で完成と聞きます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第 59話 大阪府

梅田スカイビル展望台 
2019-11-3 大阪府大阪市北区大淀中1丁目。
 
梅田スカイビル展望台   (写真をクリックすると拡大されます)
梅田スカイビルは、地上40階・地下2階、高さ約173メートルの超高層ビル、1993年3月に完成。東棟、西棟の2棟で構成され、その頂部を連結するように、円形の空中庭園展望台が設置されています。南の方に大阪駅を眺めている夕景が、ほどなくして夜景に変貌しつつあります。

テーマ : 夜景・夕景
ジャンル : 写真

第 58話 大阪府

大阪駅 
2019-11-3 大阪府大阪市北区梅田3丁目。
    
大阪駅・大阪ステーションシティ(1) (写真をクリックすると拡大されます)↑神戸方

大阪駅・大阪ステーションシティ(2) (写真をクリックすると拡大されます)↑京都方
大阪駅・大阪ステーションシティ5F「時空(とき)の広場」は、大阪駅ホームの真上に位置し、サウスゲートビルと
ノースゲートビルをつなぐ連絡橋の屋上広場として2011年に開業。広場の一角にあるカフェを背に、神戸方(写真上)、京都方(写真下)をそれぞれ見ることができます。行き来する列車や線路を眺めていると、九州ブルートレイン
や北陸特急に乗り換えた日々を思い出します。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

第 57話 長崎県

日記2019 
2019-11-7 
    
先日見た映画「最高の人生の見つけ方」は大変良かった。吉永小百合、天海祐希お二人の熱演には変わらぬ好感が持てた。家庭のために生きてきた主婦と会社のために生きてきた女社長が入院、ひょんなことから同室に。病院で出会った少女が落とした夢のリストを次々と成し遂げていく物語。前向きに生きることの大切さを、笑いと涙で思い知りました………。


写真は当分の間、南方(みなみかた)駅で撮った阪急電鉄を掲載させていただきます。

阪急電鉄
(写真をクリックすると拡大されます)

テーマ : 記録・日記
ジャンル : 写真

第 56話 大阪府

阪急京都線 
2019-11-3 阪急京都線・「南方駅」➡「十三駅」。
    
阪急京都線(1) (写真をクリックすると拡大されます)
早朝散歩のスタートは、阪急京都線・南方(みなみかた)駅の西側です。梅田駅方向へ線路沿いに十三(じゅうそう)
駅まで、ひと駅歩きます。

阪急京都線(2) (写真をクリックすると拡大されます)
木川東から木川西へ、線路の南側を進みます。流石に電車は頻繫に走っています。

阪急京都線(3) (写真をクリックすると拡大されます)
線路沿いの道は、いったんここで終わります。

阪急京都線(4) (写真をクリックすると拡大されます)
静かな住宅街を歩きますが、十三駅までどれくらいあるのか、未知(道)の旅です、なんちゃって。

阪急京都線(5) (写真をクリックすると拡大されます)
踏切を渡って北側をひたすら西へと歩きます。右手には立派な壁画が描かれています。英真学園高校です。

阪急京都線(6) (写真をクリックすると拡大されます)
いつのまにか十三の街中にいます。踏切を渡ってふたたび線路の南側に進みます。

阪急京都線(7) (写真をクリックすると拡大されます)
いわゆる開かずの踏切にやって来ました。阪急京都線を渡って、すぐに阪急宝塚線(写真左側)の前で立ち往生です。

阪急京都線(8) (写真をクリックすると拡大されます)
予想外、再びの踏切は阪急神戸線でした。駅が近い雰囲気です。飲食店が並ぶ通り、夜の賑わいを想像します。

阪急京都線(9) (写真をクリックすると拡大されます)
ゴールの十三駅は、想像を越えるターミナル駅でした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第 55話 長崎県

松浦鉄道 
2019-10-31 松浦鉄道・「佐世保」➡「佐々」。
    
松浦鉄道(1) (写真をクリックすると拡大されます)
「佐世保(させぼ)」駅からの鉄道の旅です。松浦鉄道は旧国鉄時代は全国有数の赤字路線として有名でした。乗車する「佐々(さざ)」行きは30分毎に発車しています。

松浦鉄道(2) (写真をクリックすると拡大されます)
北佐世保駅に着きます。市街地にある古くからの高架駅であることはあまり知られていません。

松浦鉄道(3) (写真をクリックすると拡大されます)
佐世保駅を出て最初の行き違い列車と対面します。

松浦鉄道(4) (写真をクリックすると拡大されます)

松浦鉄道(5) (写真をクリックすると拡大されます)
およそ30分で海が見えてきます。

松浦鉄道(6) (写真をクリックすると拡大されます)
終点が近づきました。旧国鉄時代からの車両基地が今も活躍していますね。

松浦鉄道(7) (写真をクリックすると拡大されます)
乗車時間およそ45分。終点の「佐々」駅です。駅前のバスターミナルからは割と多く佐世保方面へのバスが走って
います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

475038BKC

Author:475038BKC
定年退職後、カメラを始めました。趣味の鉄道を脇役、たまには主役にした風景をご紹介したいと思います。最近、日記を始めました。

お知らせ
よろしかったら こちらのブログも訪問ください。 http://machiarukiyamaaruki08. teinenoyaji13-seikatu.net
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
株価&為替ボード
電力使用状況&電気予報
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-